一般の店舗で米肌が販売されていない理由

美白や顔の毛穴の悩み改善に対して非常に効果が大きいとされている米肌なんですが、残念なことにドラッグストアや薬局などで販売している店舗はないんですね。大手のドラッグストアであれば化粧品コーナーなどに置いてありそうなものなんですが、どこの店舗をチェックしてみても米肌は市販されていませんでした。

一般の店舗で米肌が販売されていない理由なんですけれども、次のようなことがあるとされています。

・販売ルートを非常に簡単なものにすることで価格を下げている

様々なドラッグストアや薬局などの店舗で販売するということになると、販売ルートが非常に大きく複雑化してしまうのでそこには多くの手間や人手がかかってしまうということになります。店舗で販売するために多くの手間をかけてしまえば人件費や輸送費が非常に大きなものになってしまいますから、そうなると実際に米肌を店舗で購入する私たちにとっては商品価格が上がってしまうのであまり良いことではありませんよね。

特にネット通販と違ってドラッグストアなどの店舗では人件費の負担が非常に大きいですからこの点を考えると一般的な化粧品のように店舗販売をしないことで値段を下げているのは大きいと思います。

・米肌に使われている成分の問題

米肌という名前が示している通り、ライスパワーという成分が使われているんですけれども、これは非常に劣化が早い成分なのでちゃんとした環境で保存しておかないと品質が悪化してしまって私たちの肌に対して効果を発揮することができなくなってしまうんですよね(最悪の場合は逆に副作用などが発生してしまうでしょう)。

で、普通の店舗で米肌だけを特殊な保管方法で取り扱ってくれるのか・・・というと、そういった特別扱いはしてもらうことはできないと思います。仮に米肌を特別扱いしてちゃんとした環境で保存するということになれば、その分のコストが商品価格に転嫁されてしまうわけですから結局のところは私たちの負担が大きくなってしまうというわけなんですね。

 
そういったわけで米肌は店舗販売を行う事はなくインターネット通販専門で取り扱いがされているというわけです。逆に考えれば家から1歩も出なくても購入することができるわけですし、上記のような理由で他のメーカーの化粧品よりも安く購入することができるので店舗販売が行われていなくてもそれほど問題になることはないと思いますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ